三味線屋始末帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 功名が辻 第1回『桶狭間』

<<   作成日時 : 2006/01/08 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

今年の大河は久々に、戦国ものなので視聴してみることに
しました。ということで、ブログ再開の記事は『功名が辻』の記事です。

『功名が辻』公式HP。

戦国武将・山内一豊(上川隆也)とその妻・千代(仲間由紀恵,)が
激動の戦国の世を生き抜いていくお話。
正直、戦国武将のなかではマニアックな山内一豊(三味線屋の主観)
ですが本作では立派な準主役です。あくまでも、主役は千代みたいです。
ちなみに原作は司馬遼太郎先生です。三味線屋は未読。
内助の功のたとえ話は有名ですね。

第1回は戦国ものの定跡、「桶狭間」。
一豊がどう絡むのかが楽しみでしたがまさか、信長(舘ひろし)の
命を狙ってくるとはさすがの三味線屋も驚きました。
信長に威圧されて麻利支天にみえて心服してしまいます。
なんとなく一豊の人柄がわかる描写でした。

一方の千代はいきなり激動の生涯を歩き出します。
両親の死、従者ともはぐれ、人買いに捕まり、放浪の末に
一豊との運命の出会い。戦国好きの三味線屋もこの辺は、
あまり詳しくないので新鮮でした。
母親役の木村多江さんが良かったです。今回?でけの
出演というのは勿体無いですね。

さすがは、大河ドラマということで出演者はかなり
豪華な面々が顔をそろえていました。
ひとりひとり書くとキリがないのでポイントでけ書きます(笑)。
三味線屋的にお気に入りの配役は秀吉役の柄本明さん。
数々の名優が演じた秀吉ですが猿に似ているという点では
かなりの高得点だと思います(笑)。
蜂須賀小六役の高山善廣も面白そうです。
福本さんもでてました。みごとに斬られました。

とりあえず始まったばかりなので1回目の顔見せという
感じの内容でしたがポイントポイントはよかったです。

人気blogランキング(良かったらお願いします。)

ランキングオンライン



功名が辻〈1〉
功名が辻〈1〉 (文春文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
48時間で80万円の入金宝マニュアル
48時間で80万円の入金宝マニュアル ...続きを見る
48時間で80万円の入金宝マニュアル
2007/03/12 17:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
三味線屋さん、こんばんは。
今回は御贔屓さんの上川さんが出演ということでいつも以上に大河ドラマを熱く見る一年となるようです(笑)
私も柄本さんの秀吉非常に楽しみです。個人的には天下統一してからの晩年が期待したいと思います(笑)
一般市民
2006/01/09 02:07
一般市民さん、こんにちは。
晩年の柄本秀吉、今から楽しみですね。上川さんは宮本武蔵をみてから時代劇にも向いているなと思いました。
三味線屋的には二渡警視のイメージが強いです。
三味線屋
2006/01/09 13:42
私は時代劇で初めての上川さんは坂本竜馬ですかね〜。以前T○Sが長時間で放送した時に「ほ〜こんなに熱い男も演じられるのか!」と少し驚きました。
上川さんはそのときの「竜馬がゆく」や舞台では「燃えよ剣」の土方さんと何気に司馬作品と結ばれてるな〜と思いました。
今度の山内一豊も上川さんならではの味を楽しみたいと思います^^
なので、当分は二渡さんも金田一さんもお預けですね(笑)
一般市民
2006/01/10 00:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
功名が辻 第1回『桶狭間』 三味線屋始末帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる