三味線屋始末帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 銭形平次 第1話「裁けぬ悪行 平次が仕掛けた罠!!」 時代劇鑑賞録其ノ二十三

<<   作成日時 : 2005/07/04 20:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

〜あらすじ〜
ある日、市中で暴れまわる浪人をひっ捕らえた平次。
それを物陰からみつめる二人の男女がいた。
平次とお静は、世話になった岡っ引きの長五郎の墓参りに
出かける。ところが誰かが墓参りにきたらしく墓は綺麗に掃除してあり
花も供えられていた。
誰が墓参りにきたのか気になる平次は長五郎の娘・お吉(前田愛)の
ことを思い出す。
一方、八五郎が助けた新助(黒田勇樹)が持っていた人相書きが
謎の悪党の藪枯らしの甚蔵(原田大二郎)だと分かる。新助は甚蔵を
探していたのである。
やがて、亡くなった長五郎が甚蔵の探索に関わったいたことが分かり・・・。

待望の新シリーズ。第1話。
柳生十兵衛や「八丁堀の七人」の青山など侍姿が似合う
村上弘明さんですが岡っ引き姿もなかなか格好いいです。
八五郎役の石井正則さんやゲストの前田愛さんと並ぶとすごく
背が高いのがたまにきずですが・・・。
投げ銭姿もなかなか決まってます。
三味線屋的には与力の笹野様(西岡徳馬)のほうがお気に入りです。
「八丁堀の七人」とコラボ企画としてどっちかにゲスト出演して
もらいたなどと考えてみたりしてます。

謎の大悪党・藪枯らしの甚蔵。
大棚の主を罠にはめて店を食いつぶす大悪党を
原田大二郎さんが熱演。
最近はすっかり悪役俳優の仲間入りですかね?

その藪枯らしを罠にはめようとする平次と笹野。
江戸の名探偵がとった秘策は、押し込みをさせて問答無用で
獄門台へ送ること。
町方というよりは火盗改めの発想のような気もしますが・・・

評価 ★★★☆☆ 黒田勇樹さんのちょんまげは微妙です。

人気blogランキング(良かったらお願いします。)

<関連リンク>
主題歌『一輪の花』
icon

icon
icon

TSUTAYA online
原作本『銭形平次捕物控 (12)』
銭形平次捕物控〈12〉狐の嫁入 (嶋中文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。久々に時代劇を見ました。
村上さん、カッコイイですね!
あとべらんめぇ調の江戸っ子弁(?)が、真似したくなります(^_^)
黒田くんのちょんまげは…ホント微妙でしたね
ドリーマー
2005/07/05 23:50
ドリーマーさん、コメントありがとうございます。
三味線屋も江戸っ子弁、真似したくなりました。結構、観てる番組のキャラの喋り方って、自然に真似してたりしてる三味線屋です。
例:右京さんの「はい?」とか・・・(笑)。
三味線屋
2005/07/06 20:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
銭形平次 第1話「裁けぬ悪行 平次が仕掛けた罠!!」 時代劇鑑賞録其ノ二十三 三味線屋始末帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる