三味線屋始末帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 柳生十兵衛七番勝負 第3回「影の剣」 時代劇鑑賞録其ノ十三

<<   作成日時 : 2005/04/15 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

〜あらすじ〜
京に潜伏している戸田勘解由(松重豊)を追う、十兵衛(村上弘明)一行は、
柳生の里の柳生屋敷に入る。
屋敷には十兵衛が妹のように思う、おうめ(矢沢心)がいた。
おうめには、新弟子でうだつがあがらない山田五郎兵衛(ダンカン)と恋仲だった。
一方、京では、浪人たちを束ねていた島田無念という男が姿を消していた。
十兵衛は柳生屋敷の協力を得て、京に寛平(苅谷俊介)ら、密偵を放つが・・・。

第3回にして話はいっきに急展開しました。
放送回数が6回なので当然といえば当然だが。

かえで(小沢真珠)は、妖しい行動をし始めたなと、思ったらいつのまにか
姿を消しているし。まあ、予想どおりですが。
第1回で、茶室で鳥居(西岡徳馬)と話していたのかえでで間違いなさそうです。
大次郎(高野八誠)の十兵衛きらいもあからさまになってきました。
この辺は、来週あたり動きがありそうです。

姿を消した島田はやはり山田五郎兵衛でした。
いかにも、という名前なのでばればれですが。
それにしても、ダンカンさんを持ってきた、NHKのセンスはなかなかです。

今回(今作)は、十兵衛が、あまりキレ者じゃなさそうなイメージです。
剣の講義とかはいいですが、勘解由の策略ぐらいは気づいてほしいものです。

以外だったのは、源之進(村井克行)の死。
勘解由に手も足もでず斬り死に。え〜と思いつつ、松重さん、怖かったです。
ここまで、実力差があるとは・・・。
ちなみに、後釜に本宮秦風さんみたいです。それで、佐渡稔さんと一緒に
でてきた理由がわかりました。

十兵衛と島田の立合い。
三味線屋のテレビのせいかもしれませんが、暗くてまたもや微妙なできでした。
例の分割画面はなかったですが・・・。

評価 ★★★☆☆ 話自体はよかったですが、なんか細かく不満がのこりました。

来週は「哀切の剣」。ゲストは格さんこと、伊吹吾郎さん。
「鍛冶屋の政」VS「畷左門」の必殺対決なので、楽しみです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
影の剣
柳生十兵衛七番勝負 ...続きを見る
さだろぐ
2005/04/17 00:17
f885d6e1d66d1acfbbd7
f885d6e1d66d1acfbbd7724b59effaaff885d6e1d66d ...続きを見る
f885d6e1d66d1acfbbd7...
2006/11/10 04:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今回はばっちり見ました!そーですね、源之進の死はTVの前で「え〜!!これで終わり」と思ってしまいました(^^ゞ一回目でもいってましたが、かなりの使い手ですね勘解由は。そこを強調するためにも重要なシーンでした。ちょっとHPを覗いたもので今日ぐらいまでのお話はわりとわかってしまったのですが、これからですね!でも、侍の宿命がはかない気がしました。。女性はその分しっかり生きていかなければ!
一般市民
2005/04/16 01:18
一般市民さん、こちらにも、コメントありがとうございます。
勘解由と源之進の実力差、あり過ぎのような気が・・・、と、おもわず
突っ込みたかったです。
第1回の雰囲気だと十兵衛と実力伯仲だと思ってたとですが、残念でした。
三味線屋
2005/04/16 07:11
いつもありがとうございます

源之進のかませ犬っぷりは僕もちょっとアレでした。番組の構成上、仕方ない部分はあると思うのですが、十兵衛が毎回苦戦する事を思えばあまりにもあっけなかったですね
かわいいさだぼう
2005/04/17 00:22
かわいいさだぼうさん、こちらこそありがとうございます。
源之進、期待してたのに残念です。柳生の師範代の実力って
あんなものなのですかね?
三味線屋
2005/04/17 04:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
柳生十兵衛七番勝負 第3回「影の剣」 時代劇鑑賞録其ノ十三 三味線屋始末帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる