三味線屋始末帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 2時間ドラマレビューその13 事件調査員・南条真琴

<<   作成日時 : 2005/02/25 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

〜あらすじ〜
南条真琴は元・刑事。今は弁護士の依頼で事件の調査をしている。
そんなある日、後輩の神代美由紀が義母の小夜子とともに
事務所に訪ねてくる。
美由紀の婚約者の湯山がスナックのママ殺しの疑いで逮捕されてしまう。
湯山の無実を証明してほしいと依頼される。
真琴は弁護士の戸田とともに湯山と接見する。
湯山によると死体をみつけたときに鈴の音が
したという。まずは鈴の調査を始めるが…。
そんなある日、友達の結婚式にでるために隠岐に行っていた
美由紀から電話がかかってきた。
電話で美由紀は泣きながら「嫌です。信じたくありません」というばかりだった。
その次の日、美由紀は絞殺死体として発見される。

とりあえず、また森口瑤子主演という理由だけで観始めました。
今回の役どころは、元・刑事の事件調査員であり一児の母でもあります。
冷静かつ凛とした調査員の顔の合間にみせる、
温かい母親の表情がじつに印象的でした。
温泉マル秘大作戦や立花陽介シリーズの時とは
また違った役柄を見事に演じていました。
立派な実力派女優の仲間入りです。

話が森口瑤子レビューになってきたので話をもどします。
事件のほうは一見、単純な金銭トラブルと思われたが
鈴が隠岐島につながりさらに裏には
男女の恩讐が渦巻くという2時間ドラマ好きにはたまらない
エッセンスがうまく組みこまれてました。
さらに、神代家のドロドロした家族関係もいいスパイスでした。
神代小夜子が神代に借金のかたに結婚させられたという
設定はけっこう問題作ですよね。

見所は、真琴の息子・雄太が誘拐されて取り戻すまでの流れです。
主要キャストの熱のこもった演技が堪能できました。雄太役は小林翼君です。
そう、北大路欽也版『子連れ狼』で大五郎役の子役さんです。
半年ぶりくらいに観ましたはだいぶ大きくなったような気がします。

評価 ★★★★☆ 予想外の名作です。続編希望!

真琴の亡くなった刑事の夫役はピルイーターこと神保悟志でした。
ピルイーターとは違う颯爽とした役でしたが出番がすくなく残念でした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
金融のプロがウラ話
最近、カードローンや各種の消費者ローン」を、一つにまとめてみませんか?こんなに月の支払いが楽になりますよ・とか、支払い総額が00万円も少なくなりますよ。などの広告が増えています。でも、本当なのでしょうか?こんな、疑問・質問が聞かれます。また、人の弱みに付け... ...続きを見る
借金・金銭トラブル解決情報局
2007/01/01 16:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2時間ドラマレビューその13 事件調査員・南条真琴 三味線屋始末帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる