三味線屋始末帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 2時間ドラマレビューその3 十津川警部シリーズ33『東北新幹線“はやて”殺人事件』

<<   作成日時 : 2004/12/31 13:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

〜あらすじ〜
火事の現場から発見された男性の遺体に刺し傷が。野次馬の中に十津川と亀井が昔、かかわった事件の関係者が。被害者の自宅からなくなった東北新幹線の切符が意味するものは?
やがて事件は産廃処理場をめぐって連続殺人事件に発展する…。

十津川シリーズは管理人が好きなシリーズである。今回は年末SPだけあって10分延長の特別版です。
大原麗子演じる、十津川に恨みをもつ女性藤川志津江が捜査をかき回しながら、十津川、亀井の名コンビが事件を解決していくのはなかなか見ごたえがあります。特に舞台が亀井の故郷、青森だけあって、思いもよらぬところからヒントが出てきたりして驚きでした。
梨本謙次郎演じる弁護士のしゃべり方から青森出身と見抜き、敵に内通しているところを見破ったシーンはさすがだと思います。

十津川が石田太郎演じる国会議員とのやりとりは十津川の信念が感じられたいいシーンでした。議員先生を廃棄物呼ばわりするとは。

最後は藤川志津江も十津川の信念を認め、捜査に協力し事件は無事に解決!

エンディングの十津川と亀井が屋台で飲みながら来年もよろしくというシーンがありましたが来年もこの十津川警部シリーズをよろしくです。

評価 ★★★★★ 傑作

追記:十津川シリーズDVD化しないかと密かに思ってます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2時間ドラマレビューその3 十津川警部シリーズ33『東北新幹線“はやて”殺人事件』 三味線屋始末帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる