アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「功名が辻」のブログ記事

みんなの「功名が辻」ブログ

タイトル 日 時
功名が辻 第18回『秀吉謀反』
秀吉謀反というより一豊謀反か?と思わせる 終わり方に来週がすごく気になる第18回。 前回の秀吉が勝手に北国から陣払いしてきて信長の勘気を こうむったのをどう切り抜けるかが気になっていましたが正直、 そんなことはどうでもよくなっりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 28 / コメント 4

2006/05/08 18:56
功名が辻 第17回『新しきいのち』
山内家に待望のお子様が誕生した今回のお話。 残念ながら?秀豊丸は生まれずお姫様のよね様が誕生 しました。まずはめでたしといたところでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 43 / コメント 2

2006/05/02 20:56
功名が辻 第16話『長篠の悲劇』
私的な事情によりレビューが2話抜けましたが 『功名が辻』のレビュー再開です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/04/23 21:44
功名が辻 第13回『小谷落城』
小谷城落城も山内一豊視線ではあんまり重要ではない? と思ったのであっさり終了かと思いきや、 戦国時代はおなごだけではなく、男子にも辛い時代だったのだと いうことを思い知らされたお話でした。 三味線屋的にはかなり評価が高いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/04/03 22:31
功名が辻 第12回『信玄の影』
山内一豊がメインのお話なので武田信玄はあまり関係ないな と思っていたらタイトルどおり本当に影だけだった信玄に 少しがっかりな第12回。 信玄が本気で攻めてきたら、寧々や千代が薙刀片手に 立ち向かったでしょうか? かなり観てみたい気もしますが(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

2006/03/28 19:06
功名が辻 第11回『仏法の敵』
はじめのころはイマイチだった舘ほろしさんの 織田信長がかなりはまってきたなと感じた第11回。 信長の比叡山攻めは戦略的に見れば納得できる作戦ですが 当時(今もか)の常識では考えられない行為でした。 家臣たちも本気で攻めるとは思っていなかったのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/22 20:58
功名が辻 第10回『戦場に消えた夫』
先週の一豊さんの浮気告白からの続き。 恒例の夫婦漫才も鬼気迫る感じでしたが 「小りん、変な名前〜」で全部吹っ飛んだ感じでした。 バカ正直な一豊さんも流石に小りんが敵の間者というところは 言わなかったみたいです。 まあ、言ったら言ったで面白かったですが(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/03/13 21:47
功名が辻 第9回『初めての浮気』
殿部隊の悲惨さがにじみでていた戦国絵巻も よっかったですが一豊さん、男だね〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 3

2006/03/06 20:08
功名が辻 第8回『命懸けの功名』
久々に本格的戦国絵巻な感じがした第8回。 夫婦漫才も復活しましたし盛りだくさんの内容でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

2006/02/27 19:21
功名が辻 第7回『妻の覚悟』
一豊が出張中のため夫婦漫才はお休みの今回。 六さんが密偵らしさを発揮したのと細川藤孝が再登場、 浅井親子の微妙な関係もみれてなかなか面白かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 3

2006/02/20 19:01
功名が辻 第6回『山内家旗揚げ』
大河ドラマというより新感覚夫婦漫才型ドラマという感じが つよくなってきた「功名が辻」第6回。 夫婦漫才に吉兵衛が混ざったりとお笑いブームに便乗? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2

2006/02/13 06:55
功名が辻 第5回『新妻の誓い』
紆余曲折を重ねてやっと夫婦になった千代と一豊。 やっと「功名が辻」の本題に入った感じでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 5

2006/02/05 21:18
功名が辻 第4回『炎の中の抱擁』
功名が辻、第4回。 燃える稲葉山城で一豊と千代はついに永遠の愛を誓った。 そうきたか大河ドラマって感じのお話でした。 正月SP時代劇「風林火山」のときも似たようなことを書きましたが これは戦国時代ものというよりまさしく大河ドラマという感じでした。 もちろんいい意味でも悪い意味でもですが・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/01/30 18:24
功名が辻 第3回『運命の再会』
千代が成長して永井杏ちゃんから仲間由紀恵さんに 本格的にバトンタッチした第3回。 墨俣築城から秀吉の西美濃調略まで時代は進みました。 第13代将軍・足利義輝が死亡しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/01/22 21:22
功名が辻 第2回『決別の河』
功名が辻、第2回。 千代と一豊の性格付けがなんとなくはっきりしてきた 感じです。 三味線屋の印象は、千代はかなりの強情張り。おそらく御覧に なったかたは皆様、そう感じたと思います。 一度、自分で決めたことはテコでも動かないという感じでした。 せっかく、一豊と再会したのに美濃に行くという言い出したら、 実の母のように慕っていた法秀尼の言葉も聞こえなくなります。 成人した千代をどう描くかがすごく楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

2006/01/16 18:36
功名が辻 第1回『桶狭間』
今年の大河は久々に、戦国ものなので視聴してみることに しました。ということで、ブログ再開の記事は『功名が辻』の記事です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/01/08 21:29

トップへ | みんなの「功名が辻」ブログ

三味線屋始末帳 功名が辻のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる