アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「柳生十兵衛七番勝負」のブログ記事

みんなの「柳生十兵衛七番勝負」ブログ

タイトル 日 時
柳生十兵衛七番勝負・島原の乱 第1回『訣別の剣』
待望の木曜時代劇『柳生十兵衛七番勝負・島原の乱』が 始まりました。なにより今回はちゃんと放送回数も七回です(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/04/06 21:40
柳生十兵衛七番勝負も復活!
4月クールの時代劇にまたも期待作が登場。 村上弘明さん主演の柳生十兵衛がまた帰ってきます。 金曜時代劇が木曜8時に引っ越して第1弾が柳生十兵衛です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2006/02/15 19:34
柳生十兵衛七番勝負 総括
たった6回で惜しまれつつ終了してしまった『柳生十兵衛七番勝負』。 三味線屋的にまとめてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/05/13 06:52
柳生十兵衛七番勝負 最終回「終極の剣」 時代劇鑑賞録其ノ十七
〜あらすじ〜 肥後で戸田勘解由の言葉から陰謀の決起は京の都と 読んだ十兵衛は急ぎ京へ戻る。 山科で家光銃撃を阻止するも、それ以降、勘解由一派の動きはなかった。 そんななか、鳥居左京亮(西岡徳馬)から寝返ったかえでから 陰謀は江戸にありと聞かされた十兵衛らは急ぎ江戸に戻る。 家光上洛の留守を守る、鳥居一派は、保科公擁立を画策していたのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 5

2005/05/07 20:31
柳生十兵衛七番勝負 第5回「邪の剣光の剣」 時代劇鑑賞録其ノ十六
〜あらすじ〜 十兵衛一行は四国を出て九州の肥後へ。 肥後は幕府に恨みをもつ旧加藤家の浪人が多数、潜伏しているからである。 竹林で十兵衛一行は若者が抜刀術で伊賀者を斬る現場を目撃する。 若者の名は市橋勘左衛門(茂山逸平)といい元・加藤家の浪人だった。 政に利用される勘左衛門を十兵衛は己に重ね合わせてしまうが・・・。 そんななか、十兵衛は勘左衛門の姉・雪江(中江有里)から 剣聖・宮本武蔵(千葉真一)が肥後にいることを聞く。 十兵衛の武芸者としての血が騒ぎ出す・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 7

2005/04/29 22:10
柳生十兵衛七番勝負 第4回「哀切の剣」 時代劇鑑賞録其ノ十五
〜あらすじ〜 柳生の庄をでた十兵衛一行は四国に渡る。 勘解由の陰謀が讃岐の生駒家にあるという報せが入ったからである。 領民と役人が年貢で揉めているのを仲裁した武士と知り合う。 武士の名は生駒家の次席家老・多田左兵衛(伊吹吾郎)であった。 左兵衛は幕府に忠誠の姿勢を見せるため、一人、奔走していたが・・・。 一方、主席家老の生駒弾正(中村有志)は勘解由と密約を交わしていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 9

2005/04/22 22:21
柳生十兵衛七番勝負 第3回「影の剣」 時代劇鑑賞録其ノ十三
〜あらすじ〜 京に潜伏している戸田勘解由(松重豊)を追う、十兵衛(村上弘明)一行は、 柳生の里の柳生屋敷に入る。 屋敷には十兵衛が妹のように思う、おうめ(矢沢心)がいた。 おうめには、新弟子でうだつがあがらない山田五郎兵衛(ダンカン)と恋仲だった。 一方、京では、浪人たちを束ねていた島田無念という男が姿を消していた。 十兵衛は柳生屋敷の協力を得て、京に寛平(苅谷俊介)ら、密偵を放つが・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2005/04/15 22:35
柳生十兵衛七番勝負 第2回「忠義の剣」 時代劇鑑賞録其ノ十二
〜あらすじ〜 但馬守の命で駿府に向かう十兵衛(村上弘明)一行は、 森の中で1人の武士が野党に襲われていた。 その武士を迎えにきた侍が野党を切り捨てる。寛平(苅谷俊介)は、 助けにはいった、侍をなかなかな腕とみるが、十兵衛は野党の剣を かわした武士が気になっていた。 駿河に入った、十兵衛一行は、忠長の側近・中村半左衛門(山口智充)が 駿府に戻ったことが分かり、浪人たちの動きがあわただしくなってきた。 その、中村半左衛門こそが森でみかけた武士であった・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 8

2005/04/08 22:20
柳生十兵衛七番勝負 第1回「闇の剣」 時代劇鑑賞録其ノ十一
〜あらすじ〜 武者修行中の十兵衛(村上弘明)は、野盗と戦っていると、 二人の忍びが助太刀に入る。 佐山寛平(苅谷俊介)と甥の西岡大次郎(高野八誠)だった。 父・宗矩(夏八木勲)から江戸に帰るよう呼び出しがあったためである。 駿河大納言・忠長の元・家臣の戸田勘解由(松重豊)が 鳥居左京亮(西岡徳馬)らが保科公を擁立して幕府転覆を 企てていることが分かったからである。 宗矩は十兵衛に勘解由が放った剣客を斬るよう命じるが・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 24 / コメント 11

2005/04/03 20:51

トップへ | みんなの「柳生十兵衛七番勝負」ブログ

三味線屋始末帳 柳生十兵衛七番勝負のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる