三味線屋始末帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 功名が辻 第8回『命懸けの功名』

<<   作成日時 : 2006/02/27 19:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

久々に本格的戦国絵巻な感じがした第8回。
夫婦漫才も復活しましたし盛りだくさんの内容でした。

今回の見所はなんといっても一豊の功名。
金ヶ崎城の明け渡し時に剛の者・三段崎勘右衛門との一騎打ち。
三段崎の矢を顔面に受けながらも討ち取る勇姿が観れました。
もっとも三段崎が転倒して大木に頭を打ったというのは
内緒の話ですが・・・。
上川さんのお顔に矢が〜と思ったら顔踏みですぐに矢が
抜けて一安心でした。話は知っていましたがドラマ等で見るのは
初めてでしたのでなかなか楽しかったです。
それにしても朝倉の存在は薄かったですね(笑)。

そして浅井長政の裏切り。
はじめの軍議では裏切らないとか言っておきながら
金ヶ崎落城であっさり裏切りってその間の説明が乏しかった
ような気がします。戦国ファンならとのかく一般ドラマファンの
方々には説明不足だったように気がします。

三味線屋が気になったのは足利義昭様。
はやくも手紙将軍ぶりを発揮でした(笑)。
ですがそれ以上に怪しかったのが光秀との対面シーン。
綺麗な指をしているなとか一乗院のときの温もりが忘れられんとか
怪しすぎる発言が。。。将軍様はそっちの気があったの(笑)?
藤孝様はもしかして気を利かせた登場しなかったのでしょうか?

さらにもうひとつ気になったのは一豊と家康の初対面。
一豊の真の主君とも言うべき家康とは信長の使者として
三河に出向いたのが始まりでした。
書状を読んだ家康が一豊にどこを攻めると聞いて
存じませんと言う一豊に朝倉の名をいきなりあげた家康の狸ぶりが
私的には良かったです。西田さんなかなか家康が似合ってました。

真の主人公の六さん。
山内家の井戸でお顔を洗う六さん。
「おれは千代の味方だ」いつ聞いてもいいですね。
信長のため?一豊のため?いや千代のためにお市と接触
したりもしていました。天井裏の六さんも忍びらしかったし
浅井の陣中見舞い化けて参上したりと大活躍でした。

あ、主人公の千代さんもちゃんと出てました。
一豊の腕にお守りをまいたりお百度踏んだりと妻の役目を
しっかりと果たしていました。
それはそうと、そろそろまな板くらい買ってもいいような
気がしますが・・・。

来週は金ヶ崎退却シーン。殿の秀吉軍に怪我を押して
参加する一豊の運命は?
まあ、こちらには千代信望者2号の竹中半兵衛がいるので
安心ですが・・・。
それよりも別の意味でピンチの一豊さん。
こりん(長澤まさみ)登場で修羅場の予感が(笑)。

人気blogランキング(良かったらお願いします。)

ランキングオンライン


<関連リンク>
NHK大河ドラマ『功名が辻』公式HP
yahoo!テレビ特設コーナー『功名が辻』のページ
原作『功名が辻 1』

icon

司馬遼太郎/著 、文芸春秋 、2005年2月発行
価格:570円
NHK大河ドラマ「功名が辻」完全ガイドブ

icon

東京ニュース通信社 、2005年12月発行
価格:980円
NHK大河ドラマ「功名が辻」

icon

角川インタラク 、2005年12月発行
価格:990円


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「功名が辻」 第八回!
前回までのほのぼのムード(!?)とは打って変わって今週は、戦場のシーンが出てきました。いよいよ“だんな様”一豊の槍働きの“功名”が描かれますかね。戦国時代を描いているのですから戦のシーンがないとおねぇさんは不満よ♪必ず出てくる“金ヶ崎退き口”ですけど、一... ...続きを見る
Cocktail-light
2006/02/28 10:07
大河「功名が辻」第8回
タイトルは「命懸けの功名」。この頃はすっかりヘタレキャラになりつつあった一豊様で ...続きを見る
ごった煮。
2006/03/02 12:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもお世話様です。
やっぱり戦国時代を描いている大河
ですから戦のシーンがないと!ですよね。

家康と一豊の対面シーンは、一豊が圧倒
されてました。でも家康様は、先の展
開(関が原)で千代も含めて“功名”
に大きく関わるおかたなわけで・・。
この対面も伏線になっていきますね。

来週、小りんが一豊夫妻の仲に漣を
起こす・・うわー。千代さんピンチ!



bluestar1719
2006/02/28 19:19
TB&コメントありがとうございました。

一豊と家康の対面シーンは緊張感もあってよかったですね。来週は一豊と千代の緊張感のある対決が見ものかも。一豊さん大変。
まつ公
URL
2006/03/01 14:21
三味線屋さんの記事密かに読ませていただいてます☆
>そろそろまな板くらい買っても〜
みんなそこ注目ですね(爆)ぼ〜っと見ている私も今回はそこ注目しちゃいました(笑)
一豊と家康対面はそれぞれのキャラをいかした気がしました。
一豊派としては六さんのことをあまり書いてませんが、一豊さんより頼りになると思ってます(ここだけの話)
で、次週。私は千代さんの味方になるでしょう(爆)
一般市民
2006/03/02 02:06
こんにちは。いつも楽しく拝見させて貰ってます!!
足利義昭の艶かしい(!?)シーンには、私もびっくりしました…。頑張りましたねNHK…。
三谷さんがそれすら楽しんでいる様に見えたのも又印象的です(笑)。

浅井側の描写は本当惜しかった気がしますね。それ迄長政の実直さが上手く出ていただけに…。
それでも後の落城シーンに期待してます〜。

せっかく今週男振りの上がった一豊ですが…来週早速崩れてしまいそうな(汗)。
私もきっと「千代の味方」になると思います…。
なると
URL
2006/03/02 12:15
皆様、コメントありがとうございます&返事遅れてしまい申しわけありませんでした。

>bluestar1719さん
やっぱり合戦シーンは戦国物の醍醐味ですね。
家康との対面も緊張感があってよかったです。

>まつ公さん
今度の日曜は一豊さんは千代と緊張状態になりそうで楽しみですね。

>一般市民さん
今回で、まな板が買える功名は立てましたね(笑)。

>なるとさん
義昭をそういうキャラとして書くとはNHK、恐るべしですね(笑)。

今週は一豊派と千代派に真っ二つに別れそうで
楽しみやら怖いやら(笑)。
三味線屋
2006/03/03 20:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
功名が辻 第8回『命懸けの功名』 三味線屋始末帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる