三味線屋始末帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 功名が辻 第7回『妻の覚悟』

<<   作成日時 : 2006/02/20 19:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 3

一豊が出張中のため夫婦漫才はお休みの今回。
六さんが密偵らしさを発揮したのと細川藤孝が再登場、
浅井親子の微妙な関係もみれてなかなか面白かったです。

本来なら祖父江家の一大事(ふねが死亡)を通して戦国の世に
いきる女性のたくましさ(サブタイトルの覚悟)がメインなのですが
そこは他のブログ様が書いていらっしゃると思いますので三味線屋の
独自路線を書かせていただきます(笑)。

小谷城での出来事。
六さんが浅井家の家臣に変装して一豊さんを呼び出します。
不思議そうな顔の一豊さん、ふたりは初対面でしたっけ?と
一瞬、錯覚しました。さては一豊さん、六さんに気付かなかった
のではちお疑念が(笑)。
自分の密偵(正確には千代のですが)の顔を忘れるとは何事
ですか!
六さんから浅井久政が朝倉と通じていることを教えられます。
誰もが予想通り織田信長暗殺を試みる久政。
ここは長政が身体を張って阻止しましたが、伊吹剛さん演じる
磯野寅昌が個人的には好きです。
海北、赤尾、雨森の浅井三将を差し置いてなぜ
磯野が・・・とかいう戦国マニアの方もいらっしゃったのでは?
お市が秀吉を呼び出したとで何事かと思ったら
目的は一豊に千代の小袖を頼むことでした。
さすがはカリスマ主婦デザインの小袖!というエピソード(笑)。

足利義昭が第15代将軍に就任。
恩人の信長を副将軍や管領に就けようとしますが信長が
断わり堺、大津に代官を置く許しを得ます。
傍らでなにやら含む感がある藤孝様が。
今回はたったこれでけですが存在感抜群です!
そういえば、のちに息子・忠興の嫁となる玉子が
でてました。いじめられていたところを千代に助けられて
明智家に尾きり届けら得てました。
千代と明智夫人の槙の対面シーンあり。
そういえば、上洛途中の六角家との戦はあっさり終了。
旗印がちゃんと六角家だったのが大河ならではの芸の細かさ。

来週は一豊様のお顔に傷がの朝倉戦。
お市のあずき袋や家康登場で姉川寸前のお話かな?
結構、楽しみな回です。
予告では六さんも登場していましたが藤孝様はお休みかな?

人気blogランキング(良かったらお願いします。)

ランキングオンライン


<関連リンク>
NHK大河ドラマ『功名が辻』公式HP
yahoo!テレビ特設コーナー『功名が辻』のページ
原作『功名が辻 1』

icon

司馬遼太郎/著 、文芸春秋 、2005年2月発行
価格:570円
NHK大河ドラマ「功名が辻」完全ガイドブ

icon

東京ニュース通信社 、2005年12月発行
価格:980円
NHK大河ドラマ「功名が辻」

icon

角川インタラク 、2005年12月発行
価格:990円

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「功名が辻」 第七回!
今日は山内家シーンなんだけど徳次郎メインだったかな。出だしが寧々様着用小袖ご披露で、とし、いと、千代さんの勢ぞろいシーン。4人が着てる小袖がカラフルだからなのかぱーっと明るい感じの画面になりますね。女性陣が絡むシーンの中でも上記の4人が出てるシーンは、明... ...続きを見る
Cocktail-light
2006/02/20 19:09
第7回「妻の覚悟」
放送当日は、仕事の為録画予約をしていましたが、 帰ってから再生すると… ...続きを見る
TOSUのブログ
2006/02/21 11:32
大河「功名が辻」第7回
大河「功名が辻」第7回。タイトルは「妻の覚悟」です。隠しタイトルは「六平太の隠密 ...続きを見る
ごった煮。
2006/02/21 12:26
功名が辻第七回〜妻の覚悟〜父上・母上の呼び方を復活させよ!
今回の大河は、真面目に語りたい ...続きを見る
「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も...
2006/02/21 12:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
TB返ありがとうございました。
千代みたいに言葉はかわして
ませんけどお市様と一豊は初対面
ぢゃないですよね!

藤孝様、出てませんでしたっけ?
(あとで録画確認します)
義昭公のシーンには必ず横にいると
思っていたんですけど・・。

予告編では家康が映ってました。
来週は姉川の決戦でしょう。
これで三傑すべて登場ですね。

bluestar1719
2006/02/21 10:05
こんにちは。
今回は、本筋のホームドラマ話より周りの動きの方が気になってしまう回だった気がします…。
六さんの忍び模様見事でしたね〜。きっと一豊様の「誰だっけ?」な表情も、彼にはお見通しなんでしょうね(笑)。
来週の千代サンとの接触も楽しみです。
浅井家の今後も気になりますね。凛とした長政夫婦が見られそうです…。
なると
2006/02/21 12:33
>bluestar1719さん
こちらこそありがとうございます。義昭公のシーンがあるならば藤孝様も登場するかもしれませんね。楽しみです。

>なるとさん
こんばんは。戦国好きの人間はどうしても周りの動きが気になります。ストーリーは分かっているのに不思議ですね。
六さんと千代の再会は三味線屋も楽しみです。
三味線屋
2006/02/21 21:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
功名が辻 第7回『妻の覚悟』 三味線屋始末帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる