三味線屋始末帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 日曜洋画劇場特別企画『風林火山』

<<   作成日時 : 2006/01/09 13:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

9時からは『風林火山』。来年の大河作品をテレ朝が先にチャレンジ。

『風林火山』公式HP。

主人公の山本勘助役は北大路欣也さん。
『国盗り物語』の斎藤道三と通じる勘助役にはもってこいの
キャスティングでした。
斎藤道三、山本勘助ときたら北条早雲役も是非みてみたい
と思う三味線屋です。なんとなくこの3人のイメージがかぶるの
ですが・・・。

武田信玄役はTOKIOの松岡くん。三味線屋が時代劇で見るのは
すごく昔に「桃太郎侍」でゲスト出演していらかな。
今回は戦国大名というより、プレイボーイぽい役どころでした(笑)。
まあ、あくまでも信玄とはいえ脇役なので・・・。

しかし、今回の真の主人公は加藤あいさん演じる(演技うんぬんは触れず)
諏訪の姫君・由布姫でした。姫の前ではみんな脇役でした(笑)。
戦国女性の運命に翻弄されながらも生き抜いていく見本の
ようでした。わずか25年の生涯なのに中身が濃い女性だったと
思います。勘助も、信玄をも見事に手玉にとりました(笑)。
死に顔が綺麗だなという印象が残っています。

星野真理さん、演じる於琴姫。女同士のすさまじい争いに発展かと
思いきや由布姫との仲もいい感じでした。ふたりで勘助をやりこめる
シーンは面白かったです。
自信を斬りにきた勘助の心すらも和らげる無垢な笑顔は
演技?とはいえ見ているこちらも和みました。
もしかしたら、素の笑顔かもしれませんね。

ふたりに対して三条夫人(若村麻由美)はまさに嫉妬の塊というか
なんというかドロドロでした。もしかして昼ドラ主演でも狙ってます?
時代劇の若村さんは芯の強い芸者さんのイメージでしたが
新しい一面もみえました。

クライマックスの川中島の合戦(第4次)。
徳重聡さん演じる上杉謙信と信玄の一騎打ち。
有名な銅像になっているシーンの再現を期待しましたが
少しきたいはずれでした。単発作品としてはよくできた合戦シーン
でしたがその点は残念でした。

私的には青木大膳役の嶋田久作さんと大貫源蔵役の福本清三さんの
斬られっぷりがよかったです。
とくに御大、福本氏は「功名が辻」に引き続き見事に果てました。さすがです。
夏八木勲、峰岸徹、勝野洋、伊吹吾郎の渋系4人は文句なしでした。
出番が少ないのはしょうがないですね。

勝手にまとめますと、戦国時代の合戦ものとしては
正直、あまり評価はできませんが人間ドラマとしては
なかなかよくできていたと思います。
純粋に戦国時代劇が見たかった方は期待はずれだったかな
という感想です。

人気blogランキング(良かったらお願いします。)

ランキングオンライン


風林火山
風林火山 (新潮文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私はずばり「純粋に戦国時代劇が見たかった方は期待はずれ」の人でした(笑)確かに信玄はプレイボーイぽかったですね(笑)
個人的には北大路さんは当然よかったですが、星野真理ちゃんが印象に残ってますね♪ぜひともメインのお姫さまで見てみたいな〜と思いました(どんな役でも♪)
一般市民
2006/01/10 00:46
一般市民さん的にははずれな作品でしたね。三味線屋は新しい試みかなと評価しましたが・・・。
星野真理さんは、是非、相棒にも出て欲しい女優さんです。
三味線屋
2006/01/11 18:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日曜洋画劇場特別企画『風林火山』 三味線屋始末帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる