三味線屋始末帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 水戸黄門第9話『老公狙った百年の恨み』 時代劇鑑賞録四十七

<<   作成日時 : 2005/12/05 21:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

〜あらすじ〜
光圀(里見浩太朗)一行は闇の布袋(遠藤太津朗)の本拠地、長崎へ来た。闇の布袋は幕府の転覆を企て、オランダ商館の次席館長と手を組んで軍艦を手に入れようとしていた。商館員のレミー(シモン・カシュナー)に出会った光圀たちも、その計画を知る。闇の布袋と桔梗(原史奈)は徳川家に一族を滅ぼされた恨みを抱いているが、そこには不幸な誤解があった。桔梗は光圀の人柄に触れ、誤解に気付き始める。だが、闇の布袋の憎しみを消すことはできず、ついに軍艦受け渡しの取引が始まる。飛竜(四方堂亘)は闇の布袋を亡き者にして軍艦を手に入れようとしていた。
                          Yahoo!テレビ番組情報より


闇の布袋一味と最終決戦の第9話。
オランダ商館や軍艦まで登場し、飛竜の裏切りとバラエティにとんだ
第9話でした。夜叉王丸未登場はおおきなマイナスでしたが・・・。

飛竜の裏切り。
予想はしていましたがやはり闇の布袋を裏切りました。
四方堂亘さんが演じているのでただの刺客ではないとは思っていましたが
やはり食わせ物でした(笑)。
しかも、闇の布袋の命令を無視して桔梗の父親を殺害したのも飛竜と
まさに極悪刺客でした。三味線屋的には一押しでしたが(笑)。
その飛竜も最後は裏切りを察知していた闇の布袋と桔梗の手によって
果てました。仲間に粛清されるとは闇の布袋一味はやはり一味違います。

肝心の闇の布袋の最後は感動的でした。
悲しい誤解から生まれた徳川への恨み。どうやら闇の布袋も
真実を知っていたみたいですがそれを認めず恨みを抱いたまま
自分の船とともの爆死しました。
水戸黄門稀代の名悪役にどんな最後がまっているのかと思って
いましたが、期待以上に綺麗な最後を用意していたみたいで
よかったです。
遠藤太津朗さんの勇姿は間違いなく水戸黄門史上に
刻まれました。

原史奈さんの魅力が光った北斗の桔梗。
光圀のオーラと次第に明かされる徳川への恨みの誤解、
一方で、赤子のころから育ててきた闇の布袋への愛情との間で
葛藤する桔梗はもう刺客ではなくひとりの女性でした。
一度は、闇の布袋と一緒にいく道を選ぶも最後は闇の布袋の
孫に対する愛情から船には乗れず、小船に残されました。
ふたりの別れのシーンは結構、感動的でした。
原史奈さんは北斗の桔梗役でまちがいなくアイドルから女優へ
転進です。
三味線屋的にもチェック女優のリストの上位にランキングです。
ところで、桔梗は事件後、どうなったのでしょうか?
やはり、もう登場しないのでしょうか?ちょっと残念です。
原さんのセクシーショットとも見納め
お絹殉職、桔梗加入とかまで考えてました。

今回は光圀一行は完全に脇役(笑)。
印籠シーンなんかなくてもいいくらいでした・・・(言い過ぎました)。
長州藩の目付け役で藤堂新二さんがゲスト出演してました
てっきり事件に絡んでくるかと思いましたが考えすぎでした。
正直、1時間ではもの足りない感じでしたが、まあヨシとしましょう。

次回からは一般もの。
通常ペースの水戸黄門が楽しめそうです。

人気blogランキング(良かったらお願いします。)

ランキングオンライン


<関連リンク>
水戸黄門名作選 その1
水戸黄門名作選 その1 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
裏で映画をみてました^^;
やっぱり誤解があったわけですね。そして四方堂亘さん!!ああ〜やっぱり極悪非道な奴だったのですね(笑)期待を裏切らない活躍のようでよかったです(笑)
一般市民
2005/12/08 01:19
四方堂亘さん、これでもかって感じの極悪非道ぶり最高でした。哀れな末路もいい感じでした。期待どおりでよかったです。
水戸黄門は視聴者を裏切りません!
三味線屋
2005/12/08 18:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
水戸黄門第9話『老公狙った百年の恨み』 時代劇鑑賞録四十七 三味線屋始末帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる