三味線屋始末帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅見光彦シリーズ18『しまなみ幻想〜愛媛・今治殺人事件』 2時間ドラマレビューその46

<<   作成日時 : 2005/12/10 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

〜あらすじ〜
ルポライターの浅見光彦(中村俊介)は、知り合いのピアニスト・香代子(土居裕子)から、友人で、その娘・咲枝(大塚ちひろ)が教え子の母親・美和(芦川よしみ)の自殺について調べて欲しいと依頼を受けた。確かに娘の将来を楽しみにしていた友人に死ぬ動機は見当たらず、自殺を目撃したという女性が事故死するなど自殺と見るには不審な点が多い。そこで、事件現場である愛媛県今治にやって来た光彦はさっそく、複雑な海流と数本の橋が交差する瀬戸内で、4年前に起こった投身自殺についての調査を地元の刑事と開始。そして旧家、名門、代々続く家を守るために事件に巻き込まれ命を落とした一人の女性の死の真実をさぐる。
                           フジテレビHPより抜粋


金曜エンタテイメントHP。

昼間にやっていた中村俊介さんの浅見光彦シリーズの再放送。
母親の死を乗り越えられず苦悩する天才ピアノ少女・咲枝を
大塚ちひろさんが熱演。
三味線屋的にはフジの浅見シリーズでは屈指の名作だと思います。

母・美和の自殺の真相を調べるうちに、でてくるいくつもの不審点。
お宝鑑定番組に偶然、映った美和。美和は実家に伝わっている狩野探幽の
掛け軸を持っていた。美和は探幽の掛け軸を奪われて自殺を偽装
されて殺されてしまったのである。
鑑定番組の鑑定士が企画会社の社長と組んで、探幽欲しさに
殺してしまう事件。現実にあったら洒落にならないお話です。
ちなみに、鑑定士は出光元さん、社長は井上純一さんです。

今回の光彦はいつも以上にヒロイン・咲枝に感情移入していた
ように感じました。自分も咲枝と同じく中学生のときに父親を亡くして
いるために咲枝の気持ちがよく分かっていたからでしょうか。
美和の事件をタブーとしていた咲枝の父親たちに、
もっと咲枝さんの気持ちに答えてあげてほしいと訴えたり、
犯人を追い詰める時の光彦がいつもより強く、格好よく見えました。
いい意味で軟弱なイメージの光彦ですが今回は浅見光彦の
芯の強さが見れたお話でした。

ヒロイン・咲枝役の大塚ちひろさん。
母親の美和の才能を受け継いだ天才ピアノ少女。
しかし、母親の死が気になりピアノに身が入らないばかりか、
ピアノを辞めようとまでいいだします。咲枝のことを家族以上に
心配している光彦に救われました。
難しい役どころでしたが見事に演じていました。
フジのHPのコメントに
心の傷を持った咲枝が事件に立ち向かっていくうちに変化する様子をみてほしいですね。

と、ありましたが、期待以上に良かったと思います。
ラストのピアノの演奏会のシーンはかなりグッときました。

大塚ちひろさん公式HP。

今回は陽一郎さん(榎木孝明)も大活躍。
いつもは、立場上、ちょっとだけ手を貸すだけが多いですが、
部下をつかっていろいろ調べさせたり、
光彦に「困ったときはいつでも連絡してこいと」百万の援軍にも匹敵
する言葉をかけてました。
そのぶん、母の雪江未亡人(野際陽子)の出番が少なかったかも・・・?

所轄の刑事は六平直政さん。
当然のごとく光彦を誤認連行して、光彦の正体が発覚すると
手のひらを返したかのような応対が◎。
しかし刑事としての腕は意外と有能というが、六平らしかったです。

評価 ★★★★★ これは、間違いなく傑作です。

人気blogランキング(良かったらお願いします。)

テレビ全般 - テレビ


<関連リンク>
しまなみ幻想
しまなみ幻想 (カッパノベルス)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ちひろさんお褒め頂きありがとうございます(笑)彼女が出演すると知っていたのでリアルタイムでも昨日の再放送でも見てました^^私もひいき目なしにみてもいい作品に仕上がっていたと思います☆
六平さんの手のひらを返した姿が母と共にウケてました(爆)
一般市民
2005/12/11 17:40
一般市民さん、コメントありがとうございます。
今作は、初回放送も観たのですがうっかり、録画するの忘れてしまい昨日、再放送であらためて観ましたが本当に面白かったのでレビューしてみました。
大塚ちひろさん、将来性のある女優さんとみました。今後の活躍が楽しみですね。

>六平さんの手のひらを返した姿が母と共にウケてました(爆)
ネクタイをなおす仕草とか最高でした(笑)。
三味線屋
2005/12/11 18:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
浅見光彦シリーズ18『しまなみ幻想〜愛媛・今治殺人事件』 2時間ドラマレビューその46 三味線屋始末帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる