三味線屋始末帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 捜査検事・千草泰輔の事件ファイル『赤の組曲』 2時間ドラマレビューその42

<<   作成日時 : 2005/11/06 18:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

〜あらすじ〜
東京地検検事の千草(西村雅彦)は出版社に勤務する後輩の坂口(勝村政信)から、妻の美世(秋本奈緒美)が行方不明になったとの相談を受ける。自宅のホワイトボードには不思議な文字が残されていた。そんな中、津田(高橋将仁)という男性が殺害される。1年前、坂口と美世は一人息子を交通事故で亡くしており、津田はその事故の目撃者だった。警察は美世の犯行を疑うが、千草は彼女の無実を信じて捜査を続ける。
                            Yahoo!テレビ番組情報より


西村雅彦さん主演の新シリーズ。
弁護士モノより検事モノのほうが好きな三味線屋は楽しみに
していた作品です。

西村さんといえば、古畑の今泉くんのイメージが強いですが
今回は敏腕捜査検事というこただけあって、終始、険しい表情が
印象的でした。
考えるときに古畑のように額に指をあてる仕草は視聴者サービス?
自分の携帯がどこにあるのか分からずポケットを探るという
コミカルな一面も。
西村さんらしい面白いキャラクターの検事さんでした。

斎藤暁さんと平泉成さんが刑事役ででてました。
斎藤さんは上司の平泉さんを無視してまで千草刑事のために
捜査をするいい意味での腰巾着な刑事を熱演。
あまりにもイメージどおりすぎました(笑)。
三味線屋的には平泉さんが良かったです。
千草検事を疎ましくも思いつつ正義を信じる刑事役でした。
事務官の深浦加奈子さんも加わってなかなかたのしい面々でした。

肝心のお話のほうなのです、三つの○や旅館から消えた謎の女と
ミステリー的要素もあってなかなか楽しめそうな感じなのですが
三味線屋は途中で寝てしまい真相が・・・(汗)。
証言したバイト君が殺されたあたりから完全に覚えていません・・・。
録画はしていたので後で追記予定です。

11月6日 追記
今回は完全に参りました。
劇中で犯人と思われた美世(秋本奈緒美 )が犯人かと思ってましたが
劇中の千草検事たち同様に騙されました。
美世は実は死んでいて生きているかのようにみせていたのが
犯人の巧妙なトリックでした。
結末はかなり重い終わり方でした。犯人が罪を告白する前に自殺する
結末は2ドラ的に珍しい終わり方でした。
ということで、今回はあえて犯人は誰なのかは書きません(笑)。
未見の方は再放送でチェックしてみてください。

評価 ★★★★☆ 金曜エンタ枠に人気シリーズ誕生の予感です。

人気blogランキング(良かったらお願いします。)

ランキングオンライン


<関連リンク>
原作本『赤の組曲 千草検事シリーズ』
icon

icon
icon

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「捜査検事・千草泰輔の事件ファイル 赤の組曲」☆☆
「ビゼーより シューマンへ」 いくらクラシック好きな2人だからって、美世と秋男がこう呼び合うのはどうかと思います。でも、感性の一致したまさしく『理想のカップルだった』んですね。 ...続きを見る
ドラマでポン!
2005/11/08 17:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
観損ねました。このドラマ。けっこう楽しみにしていたのに。出張で、録画もすっかりし忘れました。

では、感想の追加待ってまーす。
omemesan
2005/11/05 01:00
omemesanさん、こんばんは。
PC録画なのでDVD化終了しだい、観て感想を追記いたしますのでよろしくお願いします。
三味線屋
2005/11/05 20:42
こんにちわ!
三味線屋さんもご覧だったんですね〜。
見応えのある2時間でした!

>>金曜エンタ枠に人気シリーズ誕生の予感です。
西村ファンとしては、それが実現したらメチャ嬉しいですね!!

でも、今回は誰も幸せにならないお話しで、見終わって哀しくなってしまいました。
警察ものは、本当に悪いヤツを逮捕してスカッと解決!が好きです・・・・。

TBさせていただきました!
 
じゃすみん
2005/11/08 17:28
じゃすみんさん、こんばんは。
かなりシリーズ化、期待しています!
比較的、軽いのりの多い、金曜エンタですがまれにみる重苦しい内容で少々、びっくりしました。
三味線屋
2005/11/08 20:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
捜査検事・千草泰輔の事件ファイル『赤の組曲』 2時間ドラマレビューその42 三味線屋始末帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる