三味線屋始末帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 眠狂四郎 無頼控 第1話(前・後編) 時代劇鑑賞録其ノ三十九

<<   作成日時 : 2005/10/06 19:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

〜あらすじ〜
狂四郎が知り合った長崎帰りの女・松子は異人の子がいた。
迫害されるその子・新吾に幼い頃の自分を重ねた狂四郎との心の交流を
描いた本当にいいお話でした。
一方で、松子の父親で将軍家法胤の室矢酵堂は邪教にかぶれて
将軍家お世継ぎの命を奪うことを画策しています。
はからずも、事件の渦中に狂四郎は巻き込まれていきます。

サブタイトルは、
『殺さないで私の子を異人妻の絶叫!将軍お世継暗殺大奥やわ肌秘話』

テレビ東京時代劇アワーHP

今週よりはじまった 『眠狂四郎 無頼控』。
どうやら、舞台設定は前作『円月殺法』の旅から江戸に戻る途中から
はじまりました。
前作より登場していた、レギュラー陣はどうやら継続出演でした。
今日の第3話はまだみていないので分かりませんがどうやら
「無頼控」は1話完結のシリーズみたいです。
それにしても、片岡さんの狂四郎は前作にも増して
妖艶さと格好良くなっています。
円月殺法のエフェクトもパワーアップしてました。
ついでに作品の猟奇と欲情、過激さもパワーアップ。
お昼から黒ミサの男女の交わりとかきついシーンがあるので
その筋からクレームがこないか心配です(笑)。

初回ゲスト、松子役は加賀まりこさん。
若い、そして美しいです。EDのキャストを見るまで気付きませんでした。
複雑な役柄を見事に演じてました。さすがは大女優です。

新吾を助けに行く桜散るなかを歩いていく狂四郎には
惚れ惚れします。
されにしても、今回は狂四郎がすごく感情的でした。
クールーな狂四郎もいいですが時には人間味がある狂四郎も
格好いいですね。

人気blogランキング(良かったらお願いします。)

<関連リンク>
原作『眠狂四郎無頼控 1』
icon
著者/訳者名 : 柴田錬三郎/著
出版社名 : 新潮社 (ISBN:4-10-115006-0)
発行年月 : 1991年00月
サイズ : 431P 16cm
価格 : 620円(税込)
発送時期 : 当日〜2日で発送

icon
icon
関連作品『眠狂四郎無頼控 魔性の肌』
icon
監督 : 池広一夫
主な出演者 : 市川雷蔵[8代目] 、 鰐淵晴子 、 成田三樹夫
メーカー : ジェネオン エンタテインメント (規格番号:GNBD-1029)
発売日 : 2004年05月21日
定価 : 4,935円(税込)
価格 : 4,195円(税込)
OFF : 740円(15%)
発送時期 : 3日〜10日で発送

icon
icon

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
眠狂四郎 無頼控 第1話(前・後編) 時代劇鑑賞録其ノ三十九 三味線屋始末帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる