三味線屋始末帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 刑事部屋 第3話「大きなお世話、小さな真心」 ザンパンの報告書03

<<   作成日時 : 2005/07/20 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

刑事部屋 第3話。詳しいあらすじはこちら。

第3話。老婆の孤独死とDV家庭内暴力がテーマ。

ますます、とらえどころがなくなってきた仙道、
ダークな部分が微妙に鳴りを潜めてきてた鵜飼、
女性の立場からDV被害者・美喜子(牛尾田恭代)に親身に
なる百合子(ヒメ)とキャラの性格がだいぶ立ってきた3話目でした。

ながでも、毛嫌いしながらも、時には仙道に振り回され、
時には仙道に協力?する鵜飼がいい感じです。
鵜飼のキャラってこんなんだったけ?って思わず突っ込みたく
なりました(笑)。

ストーリー1は、孤独死した老婆尋(由起艶子)の死因が
他殺か自然死かというのがポイント。
隣に住むのが相島一之さん演じる、細菌の研究員といかにも
怪しすぎる設定に脱帽。
最後は、ちょい感動的な感じで刑事部屋らしさがでていて
良かったと思います。
「袖すりあうも多少の縁」、近所付き合いが希薄になって
きたご時勢に喝をいれる社会派な内容をうまく表現していたと思います。
安心して観ていられる刑事ドラマですね。

ストーリー2のDV編は未完結でしょうか。
なんか続きがあるような感じですが?
この一件で3班のメンバーではヒメが仙道を一番、評価しているような
感じですが。

最後に鵜飼と越智がカウントダウンを作っているのは
笑えました。

人気blogランキング(良かったらお願いします。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
刑事部屋・第3話
少しずつ仙道のキャラに馴染んできた感じはする。冒頭から、その過剰な個性をまざまざと見せ付けられ、これは大下でも無く、風間でも無く、高見でも無く、今、恭兵が演じているのは仙道なんだという目で見れた。役者のイメージと、キャラクターとのギャップが、ようやく第3話にして埋ま& ...続きを見る
かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき...
2005/07/22 09:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ついつい書き込んでしまう一般市民です(笑)
今回は相島さんがね〜^^怪しい(@_@)ですが、意外と1話のようなパターンを考えると・・という展開でした。でも、最後お皿を洗って手を合わせる相島さんにほろりとさせられました・・
仙道さんかなり私の中ではツボです^^今日だと、隣の家から見る仙道ににこっとしながら敬礼(だったかな?)で応じるおちゃめな姿が素敵でした(爆)
一般市民
2005/07/20 22:50
一般市民さんの書き込みはいつも楽しみにしている三味線屋です(笑)。
仙道に魅せられて「刑事部屋」にはまってきそうですね?
三味線屋
2005/07/21 21:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
刑事部屋 第3話「大きなお世話、小さな真心」 ザンパンの報告書03 三味線屋始末帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる