三味線屋始末帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 西岡徳馬 三味線屋的俳優名鑑No.0022 2005.9.21追記

<<   作成日時 : 2005/09/21 20:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

今回は西岡徳馬さん。
三味線屋にとっては月曜日のゴールデンの顔です。
7時〜9時の2時間も拝見できる西岡さんだからです。

西岡徳馬さんプロフィール。

『銭形平次』の与力・笹野新三郎。
渋い、強い、怖いの三拍子がそろった完璧な与力役。
この三拍子を見事に演じ分けてる西岡さん。
平次を認めながらも、ときには鬼にもなる笹野は
三味線屋的に時代劇の与力ランキングをつくったら、間違いなく
TOPにしたい役柄です。
『殿様風来坊・隠れ旅』も大人な尾張公役でした。
時代劇では大人の男がよく似合う西岡さんです。

実は西岡さんは悪役も結構、演じています。
当ブログでも取り上げた『柳生十兵衛七番勝負』の鳥居をはじめとして
幕府の大物や大大名役をいかにも野望が高そうな役が
多いです。
きわめつけは、『暴れん坊将軍』後期シリーズの尾張大納言役は
必見です。中尾彬さんのイメージのある尾張大納言ですが
西岡版もいい感じです。
それが、縁で『殿様風来坊・隠れ旅』の尾張公を演じたのかと
思うのですが?

2時間ドラマでは圧倒的に刑事役がいいです。
まずは、狩矢警部役。『キャサリン』シリーズです。
本当にいろんな方が狩矢警部を
演じていますが西岡さんの狩矢警部は一風かわって
コミカルかつシリアス?な感じです。
渡瀬十津川との共演もしましたし。
『変装婦警の事件簿』、『密会の宿』シリーズでもレギュラーで
出ていたと思います。

金曜エンタの『浅見光彦』シリーズでは、
刑事のTOP、警察庁刑事局長・浅見陽一郎役。
こちらは、どちらかというと笹野のイメージに近いです。
強いの替わり優しいをいれて、渋い、優しい、怖いです。
なぜ怖いかというと、浅見に関わった所轄の刑事にとって
刑事局長ほど怖い存在はありませんから。

『こちら本池上署』では、椎名署長を認めながらも
厳しく監視する小山田本部長を演じています。
難しい役をなんなくこなす西岡さんが見られます。

こうしてみると、2時間ドラマは圧倒的に警察関係の役柄が
多いですね。
それ以外だと、悪役or犯人というイメージですね。
ヤクザ映画やVシネマにも結構、顔を出しているみたいですので
こういう役もできるなと思います。

2005.9.21 追記

再放送を見ていて思いだしたのですが『富豪刑事』にも出演してました。
普段のイメージとかけ離れた役だったためすっかり忘れてました(笑)。
焼畑署署長の神山役。署長役ということでたよりがいがある上司役かと
思ったらまったくの正反対。県警上層部の言いなりにはなるは、
都合が悪くなると部下に責任を押し付けたり、部下の手柄は自分のもの
にしたりとやりたい放題。机の下から突如、現れたりもしてました。
かなりコミカルな役でしたが西岡さんの役者としての引き出しの多さを
改めて感じた三味線屋です。

人気blogランキング(良かったらお願いします。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ミカケル:西岡徳馬
 2006年7月26日(水)昼12:00。飯を食いに移動中。表参道交差点の交番の ...続きを見る
Mikakeru
2006/07/26 14:29
fd575d8bc5139270baf0
fd575d8bc5139270baf06a6408d9e707fd575d8bc513 ...続きを見る
fd575d8bc5139270baf0...
2006/11/13 07:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私の中で西岡さんは「二枚目!」の役者さんです(笑)そうですね、警察関係は多いですね。キャリア組からノンキャリアまで(笑)
ここ最近だと、「西部警察SP」でのテロのリーダー格のお姿を見ました☆かっこよかったです^^(同時に迫力があって怖かった・・)
一般市民
2005/07/20 22:45
西岡さんの悪役は、時代劇も悪役も、迫力あっていいですね。
再来週ぐらいにテレ東の水曜ミステリー9で
「密会の宿4」が放送されます。よかったら
御覧ください。刑事の西岡さんが観れます。
三味線屋
2005/07/21 21:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
西岡徳馬 三味線屋的俳優名鑑No.0022 2005.9.21追記 三味線屋始末帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる