三味線屋始末帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 名奉行 大岡越前 第9話「御落胤騒動一件」 時代劇鑑賞録其ノ二十一

<<   作成日時 : 2005/06/13 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

〜あらすじ〜
香織と大助は墓参りの帰りに、かどわかし事件の現場に
遭遇する。二人の浪人組が正太(小林翼)という子供を誘拐
しようとしていたのである。正太の母親のお葉(大路恵美)は
心当たりはないと言うが。
一方、評定所では留守居役の鵜飼頼母のお役御免の評定が
開かれていた。
やがて、正太がお葉夫婦の前から姿を消す。大助が見張っていると
お葉は鵜飼の屋敷の様子を伺っていた。

子連れ狼の大五郎役の小林翼君が北大路さんと
久々の共演。
あいかわらず、かわいらしさと天才子役ぶりでした。
「ちゃ〜ん」と言ってくれなかったは残念ですが。

最終回、目前にして、笹倉采女の実力も発揮。
目付けの悪事を極秘に調べるとはなかなかの実力者です。
おりんも鵜飼の屋敷に忍び込むというか堂々と正太を助けだす
などと活躍してましたが、三味線屋的に隠れた功労者は
寺社奉行です。
評定所での一喝して忠相に同調するシーンは名シーンです。
てっきり忠相の味方はゼロかと思いましたので以外でした。

今日の大岡裁きは定番中の定番だったので
特に突っ込むことはありませんでした。
ちなみに産みの親と育ての親が子供の手を引っ張りあって
どちらが先に手を離すかというやつです。

評価 ★★★☆☆ 

来週はいよいよ最終回。予告(HP)では豪華キャストです。
ただ、将軍・吉宗が出ないのが残念です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
名奉行 大岡越前 第9話「御落胤騒動一件」 時代劇鑑賞録其ノ二十一 三味線屋始末帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる