三味線屋始末帳

アクセスカウンタ

zoom RSS はぐれ刑事純情派ファイナル 第3回 山手中央署事件簿18-03

<<   作成日時 : 2005/05/04 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

サブタイトルは
「襲われた父!亡き妻に会った安浦刑事」

詳しいあらすじはこちらをご覧ください。

引ったくり事件の捜査会議。
異常にテンションが高い川辺課長にうんざり気味の山手中央署の面々。
課長のテンションが高いのは家庭がうまくいっていない事を、夏目に教える
高木、今井の両刑事がよかったです。

ヘルメット強盗事件が発生して、夏目が捕らえた容疑者は
安浦の知り合いの河口警部補(中丸新将)の娘・響子(末永遥)。
河口親子の問題と響子が黙秘した事件の真相の両方を解決する
ためにはぐれ捜査が始まります。

河口警部補役の中丸さん。
今回はいい父親ぶりでした。どうしても小悪党というイメージでしたが
いい印象でした。
河口響子役の末永さん。
この前の、大岡越前とはがらっと変わった女性ライダー。
時代劇もいいですがこの方は現代劇のほうがあっているかも?

そして、響子のバイクの後ろに乗せてもらう安浦。
亡くなったカミさんの声がを聞くためというのは、事件とは関係なく
純粋な安さんの気持ちのような気がしました。
カミさんの遺影の前で手を合わせる安さん。
最終シリーズだけあって安さんのカミさんの思いもポイントです。
安浦家の若き日の写真は必見でした。

そういえば、真木刑事もバイク乗れたんだ〜と感心しながら
観てました。
前シリーズバイク乗る回てありましたっけ?

ヘルメット強盗の犯人は被害者の息子。
夏目は被害者が息子を追い込んで、犯罪者にしたことを
病室で激怒!
夏目刑事。熱い男です。
「はみだし刑事」を思い出す三味線屋です。
今回は、暴走族にも顔が利く一面も披露して、夏目に
ますます目が離せません。

響子がかたくなに犯人をかばう理由は
妹のボーイフレンドだったから。
血の繋がりのない姉妹だが妹を思う気持ちは本物でした。
そして、継父親を思う気持ちもです。

今回の河口一家のエピソードと同じことが
安浦家にもあったのだなと思いながら観ていた三味線屋でした。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
??????????????
&?&&?&&&&??&&?&&〓&&?&&&?&??$?&&&&?&&?&&?&&?&&&(?; ...続きを見る
FUNTOHARUKA'S BLOG
2005/07/03 18:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はぐれ刑事純情派ファイナル 第3回 山手中央署事件簿18-03 三味線屋始末帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる