三味線屋始末帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 瑠璃の島 第2話 鳩海島通信 第二号

<<   作成日時 : 2005/04/24 20:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

1日遅れで、鳩海島通信 第二号です。

瑠璃(成海瑠子)の名前を、手書きで書く勇蔵(緒形 拳)。
緒方さんの直筆でしょうか?実に味があっていいです。

さなえ(小西真奈美)と瑠璃の確執。
自由奔放な瑠璃と真面目なさなえ、正反対な性格ですから
うまくかみ合わないのはしょうがないですが。
なんとなく、小西真奈美さんのイメージが違うような気がします。
溺れた瑠璃を助けあとのやりとりとか、さなえが変わっていく様子も
ドラマの隠れた見所でしょう。
校長(岸辺一徳)がキーパーソンです。

三味線屋はやっぱり川島(竹野内 豊)が気になります。
あきらかに、島の人たちには警戒されてるみたいですし、
さりげなく新聞記事隠したり不審な行動も。
美穂子(さくら)が見ていたVTRも気になりました。
ラストで美穂子に電話で「タカハラ」と呼ばれていたが・・・。

maacさんのブログにコメントで緒方さん、岸辺さん、塩見さん、平泉さんの4人を
オヤジ4人衆と書きましたが、小日向さんを入れて
5人衆に変えたいと思います(笑)。
皆さん、それぞれいい味だしてます。
こういうベテラン陣が脇を固めるとドラマも面白くなりそうです。

いたずらしたり万引きしたりして瑠璃は勇蔵に米盛商店に
一晩、閉じ込めてしまう。
翌朝、お腹が痛いと訴える瑠璃。
病院に運ぶため、ヘリコプターを呼んだりと大騒動に。
勇蔵が変わりの子を捜していると思った瑠璃は、恵(倍賞美津子)に
勇蔵が石垣島に行く本当の理由を聞かされることに。
ここは、三味線屋、感動でした。
ヒューマンドラマもたまには見てみるものですね。
サスペンスとは違った感動が味わえました。

来週はふたたび瑠璃の母・直(西田尚美)登場で瑠璃の親子関係に
進展ありそうです。

関連リンク
 ・瑠璃の島公式HP
 ・成海璃子さんプロフィール
 ・原作本『子乞い―沖縄孤島の歳月』
子乞い―沖縄孤島の歳月

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
瑠璃の島 第2話 『初めての愛は涙の味』
沖縄県八重山諸島 鳩海島(はとみじま)。 周囲 3.8km 人口 49人 平均年齢 63.5歳 子供の数 1人 新しい表札に向かいペンを握り締める仲間勇造(緒形拳)。 「おーい。母さん。るりって、どう書くんだっけ。」 食事の支度をしていた妻・恵(倍賞美津子)は、 菜ばしで宙.. ...続きを見る
どらま・のーと
2005/04/26 20:47
「瑠璃の島」1,2 ☆☆☆☆
 瑠璃ちゃん可愛い〜。そして役者。最近の子役は本当に上手ですね。 ...続きを見る
ドラマでポン!
2005/04/27 01:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
三味線屋さん、こんばんは。
泳ぎの練習あたりから、さなえ先生が変わっていく様子、
微妙なのでわかりにくいなぁと思ったけど、
やっぱりそうですよね。
それが、校長先生に「やっぱりやめますか?」と聞かれて、
ちょっと困った顔になったあたりに繋がるのでしょうか。
でも、さなえ先生は、どうしてあんなに石垣に帰りたいのかなぁ。
川島(高原?)の方のストーリーは、かなり思わせぶりですよね。
オヤジ5人衆(良いネーミング♪)の演技も楽しみ。
ほんと素敵なドラマですね。
こちらからもトラックバック送らせてくださいね。

質問:ブーメランコメントって、なんとなくイメージはわかるのですが、
   このブログで初めて見ました。
   上の四角の中に記事を書くと、自分のところへ記事が飛んで、
   またここへも戻ってくるってことですか?
   とりあえず、今回もふつうのやり方でトラ飛ばしますね。
   お暇があったら教えてくださいません。
ほにゃらか
2005/04/26 20:21
こんばんは。TBありがとうございます。
オヤジ5人衆、いいですね〜♪
瑠璃とさなえの成長と共に、高原と川島に何が起こったのかも
すごく気になります。
ちーず
2005/04/26 20:52
おはようございます。三味線屋です。
コメントありがとうございます。
>ほにゃらかさん
まず、質問の答えですが、ブーメランコメントはおっしゃるとおりですが、
残念ながらウェブリブログ内でしか使用できませんので普通にTBしてくださいね。
>ほにゃらかさん、ちーずさん
瑠璃もそうですがさなえ先生の成長も楽しみですね。それ以上に三味線屋
は川島(高原?)に注目しています。
そして、ベテランのオヤジ5人衆の活躍。楽しみですね!
三味線屋
2005/04/27 06:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
瑠璃の島 第2話 鳩海島通信 第二号 三味線屋始末帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる