三味線屋始末帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 水戸黄門 第12話『風の鬼若怒りの秘剣』 時代劇鑑賞録其ノ十三

<<   作成日時 : 2005/04/11 20:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

〜あらすじ〜
小泊で久保田に渡る船を捜しているご老公一行は、侍の集団に襲われていた、
兄妹を助ける。助かった妹・梢(林美穂)から松前藩の内情を聞いた老公一行は蝦夷地へ渡る。
松前藩は鬼若(照英)の武芸の師だった島村湧水(林隆三)と
次席家老の奥野相模(亀石征一郎)とともに藩政を預かっていたが、
奥野は江戸の柳沢吉保(橋爪淳)と通じて、密貿易の
利権を握ろうとしていたのである。
奥野は目障りな湧水を、日下千十郎(佐伯大輔)という凄腕の剣客をつかって
殺害しようとしていた。

時代劇鑑賞録、久々の水戸黄門レビュー。
今日はかなり水戸黄門らしくないお話でしたが・・・。

島村湧水と日下千十郎の過去の因縁や若き鬼若のエピソードなど
みどころ満載でした。
千十郎の父親、重蔵は片桐竜次さんでした。あいかわらず、無法な役が
お似合いでした。
千十郎を演じた、佐伯大輔さんについてはまったくデータがなかったです。
Googleで検索かけてもそれらしい結果は1件だけでした。
何度かお顔は拝見しているのですが・・・。
こういう、若手の俳優さんが時代劇で活躍しているのを見ると
時代劇の未来も明るいです。

今日の悪役は亀石征一郎氏。
次席家老を好演。とくに印籠後も老公に斬りかかることができるのは、
超一流の証です(笑)。しかも、切腹つき!

評価 ★★★★☆ 第34部最高傑作の予感も・・・。夜叉王丸が出てれば★5つでした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
b053ee4a377ce1a76a27
b053ee4a377ce1a76a2795702e377cdab053ee4a377c ...続きを見る
b053ee4a377ce1a76a27...
2006/11/10 02:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
水戸黄門 第12話『風の鬼若怒りの秘剣』 時代劇鑑賞録其ノ十三 三味線屋始末帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる