三味線屋始末帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 横山光輝時代劇傑作選 蛟竜

<<   作成日時 : 2005/03/04 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久々の漫画(横山光輝先生)ネタ。
横山先生の戦国武将ものも数多く書いていました、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の
天下人トリオや武田信玄、伊達政宗と超有名どころがラインナップされています。

蛟竜―風雲児黒田如水伝

そしてこの作品『蛟竜』の主人公は日本が誇る二大軍師・黒田官兵衛孝高のお話です。
(ちなみにもう一人は、竹中半兵衛重治。)


黒田官兵衛孝高(1546〜1604)
・略歴・
 号は如水。息子も名将と名高い黒田長政。民謡、黒田節は有名ですね。
 もとは、播磨の小大名、小寺氏に仕えていたが、織田信長の軍勢が侵攻したときに、小寺家を
 織田方につかせるように画策。そのまま羽柴秀吉の配下となり参謀として活躍。
 秀吉の天下取りの功労者だが野心ありと見抜かれ九州へ封じられた。
 関ヶ原時は名目上は東軍だがどさくさまぎれに天下盗りをたくらんでいたらしい。
                                    (参考文献 信長の野望 武将ファイル)

略歴をみるとあまり好人物には思えないがそこは横山作品。
秀吉に仕えて権謀術策をめぐらす姿ではなく小寺家時代の若く爽快なイメージの作品に
仕上がっていて少年誌向けに見事を好人物に仕上げてあります。

秀吉に初めて面会して竹中半兵衛を紹介されるシーンは印象的です。
秀吉の二人兵衛というたとえがありますが半兵衛が夭折してるため実際、いっしょに活躍
したのはわずかな間だったのでしょうが…。

この横山流の絶妙なアレンジこそが横山作品の最大の魅力!!
蛟竜―風雲児黒田如水伝 (講談社漫画文庫―横山光輝時代傑作選)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横山光輝時代劇傑作選 蛟竜 三味線屋始末帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる