三味線屋始末帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 特命係通信局 05 3rd 第13話 「警官殺し」

<<   作成日時 : 2005/02/02 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

おことわり。特命係通信局04は欠番です。
管理人の都合により現時点で未鑑賞のため、先に05からupします。
もちろん04もあとからup予定です。

〜あらすじ〜
地元住民に人気のある長谷川巡査長の射殺死体が発見された。現場から指紋をふき取られた
拳銃が発見されたことに疑問をいだいた右京は拳銃に付着した糸に注目する。
一方、長谷川巡査が死亡する前に、銃刀法違反の前科をもつ阿部という男を追跡ちゅうに老婆を
事故死させてしまったことが分かり捜査一課は阿部を容疑者として捜査を開始する。
右京は証拠品や長谷川の銃創から他殺説に疑問をもつ。
やがて事件は警察上層部をまきこむ大騒動になる。

今日も右京さんはいろいろとやってくれました。
長谷川巡査長の遺族へ当てた手紙を読んで遺書と見破った推理力には脱帽です。

長谷川巡査長の死の真相をあばくためには、上司の部屋に乗り込んだり、小野田を脅したり…・。
これだけやれば上層部に睨まれても当然です(笑)。

地域部長の部屋に乗り込む前に薫の覚悟を確かめるシーンはまちがいなく名シーンです。
薫ちゃんもさらに刑事としてまた一歩、成長しました。

それとジャンケンは『最初はグー』派ということも判明しました。

もうひとつの見所は、警察組織内部の権力闘争というか、癒着というかまたもやダークな部分
を書いてます。
刑事部と生活安全部の対立。刑事部と地域部との癒着、さらにそれに割り込もうとする生活安全部。所轄にたいする本庁の圧力。昼ドラも真っ青のドロドロぶりでした。

出演者的にも見所ありです。阿部貴三郎(武野功雄)。完全に忘れていました、
というかまさか再登場するとは思いませんでした。たしか土曜ワイド版の初回放送で薫を人質にした人物です。回想シーンがなかったら思い出せなかったと思います。

後半で怒涛の大活躍?の大河内監察官。今日はラムネはかじりませんでした。残念!

それと美和子の上司のキャップ役の阿南健治は密かに準レギュラーに納まりそうですね。

評価 ★★★☆☆ 相棒なのでちょっと厳しく採点してみました。理由は来週がお休みだからです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
相棒 第13話「警官殺し」
あらすじは公式ページの前回のあらすじをご参照のこと。 ...続きを見る
ミステリ通信「みすみす」blog
2005/02/03 22:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
三味線屋さん、お帰りなさい。
コメント&TBありがとうございます。駄文ですが、こちらもTBしました。
阿部貴三郎の事件は実際に放送されたんですね。知りませんでした。
あと、大河内監察官がラムネをかじらなかったのは、ホントに残念(x_x)
Yuseum
2005/02/03 23:01
Yuseumさん、いつもありがとうございます。
連続ドラマになる前の土曜ワイド版、記念すべき1作目の登場キャラです。
以外すぎるキャスティングで驚きです。
三味線屋
2005/02/04 06:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
特命係通信局 05 3rd 第13話 「警官殺し」 三味線屋始末帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる